読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこ薬剤師と看護師の転職お悩み相談室

転職経験のある薬剤師と看護師の情報をお届けします

小規模調剤薬局・ドラッグストアのメリット、デメリット

【転職コラム⑬】

以前は小規模薬局で働いていたひよこ薬剤師です。

今回は小規模の調剤薬局やドラッグストアで働くことのメリット・デメリットを書いていきます。

 

以前のコラム

大手調剤薬局・ドラッグストアのメリット、デメリット

中規模調剤薬局・ドラッグストアのメリット、デメリット

ではそれぞれの良いところ、悪いところについて書きました。

小規模の薬局でも色々とあります。

 

 

小規模のメリット

薬剤師の求人・転職ならファルマスタッフ

先に結論を書きます。4つに絞ります。

・社長との距離がかなり近い

・社員の結束力が強い

・野心があれば社長も狙える

・自由

 

社長はしょっちゅう顔を出してくれるので、かなり距離は近いと思います。

社長が薬剤師として店舗にいたらあまり会えないかもしれませんが。

ただ、食事にも経費で美味しいところに連れて行ってくれます

社長とあまり関わりたくない人からすればデメリットかもしれませんね笑

 

少ない店舗数だと、社員同士で知らない人が少なくなります

そのため、お互いを助け合ったりする面では強いと思います。

また、社員数が少ない分、やる気のある方が昇進しやすく、アピールしていけばいずれは社長も狙えると思います。

また、小さい分規律は厳しくないと思います。

社会人としての最低限のマナーやルールを守っていれば、基本的に自由です。

 

小規模のデメリット

先に結論を書きます。4つに絞ります。

・買収される可能性が大いに

・人間関係が悪くなると逃げ場がない

・給料はそこまで高くない

・連休が取りにくい

 

やはり、一番怖いのが大手にM&Aされることです。

小規模の場合は特に危ないです。

社長からすれば、会社を売り払うことでかなりの利益が出ることでしょう。

薬局業界が逆風のこの時代では、大手に売ろうと考えている社長はかなり多いのではないでしょうか。

そこは社長次第というのもあるので、必死に社長を止めましょう!

 

小規模なので、人間関係がとっても大事になります。

悪い噂はすぐに広まりますし、雰囲気が悪くなってもなかなか逃げ場がありません

特に女性同士の争いは怖いですよね笑

意外かもしれませんが、給料はそこまで高くないことが多いです。

薬局経営では数店舗では、そこまで儲からないのことが多いからです。

10店舗を超えてくると、利益もかなり上がってはくるのですが。

そのため、あまり高い給料は払えない、払いたくないというのが現状です。

また、人が少ない分、有給や長期休暇は取りにくくなります。

パートさんならそういう面はあまり関係考えないくても良いのかなと思いますが。

むしろ小規模はパートさんを積極的に採用したいと思っているので、パートさんにとっては良い条件・待遇が多いのかもしれませんね。

 

最後に

どの会社でもメリット・デメリットは必ず存在します。

転職するにも就職するにも、自分が何をやりたいのか優先順位をつけてみましょう。

絶対嫌な条件も書き出すのは忘れずに。

転職するのであれば、転職サイトを使って、自分に合った職場を見つけましょう!

 

いくつか転職サイトを記載しておきますね!

ご相談も受け付けています!

私の口コミは後ほど書いていきますが、大手転職サイトから新しい転職サイトまで幅広くみると良いですよ。

スポンサードリンク

 

まずは登録することが大事です!

登録すれば体と頭が勝手に動きます!

1つよりも複数登録して、様々な情報を手に入れましょう!

自分に合うコンサルタントを見つけるのも大事ですね!

あとできればお祝い金があると最高ですよね(^o^)

もし、直接連絡をいただけば、私が最もお勧めする、転職コンサルタントのご紹介もします。人として、とても尊敬のできるコンサルタントですよ!ご相談も受け付けていますので、お気軽にどうぞ!

 

私の2回の転職の経験談も掲載していますので、読んでみてください!

ひよこ薬剤師の転職物語