読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこ薬剤師と看護師の転職お悩み相談室

転職経験のある薬剤師と看護師の情報をお届けします

薬剤師をしながら他の資格を取るのがいい!

【転職コラム⑧】

資格マニアのひよこ薬剤師です。

今回は、薬剤師として働きながら資格と取ることについて書いていきます。

私も資格はいくつか持っています。

例えば、アロマテラピー検定1簿記3ファイナンシャルプランナー3研修認定薬剤師などを持っています笑

他にも宅建や簿記2級、FP2級などもいずれは取ろうかと思っています。

では、他の資格を取ることの意味について後述していきます!

 

薬剤師の求人・転職ならファルマスタッフ

 

他の資格を持つ意味

何のために、資格を取るの?

と聞かれたら、私はこう答えます。

「薬剤師のレベルを上げることと、会社を成長させるため」と。

普段の薬剤師業務では、普通の薬剤師として患者さんと接しているだけになってしまいます。

それでは、患者さんからみてもどこにでもいるただの薬剤師として、全く気にもとめられないでしょう。

 

薬剤師はそれでよいのでしょうか?

薬剤師は薬の知識だけを増やせばよいのでしょうか?

薬の知識を増やすのは薬剤師としては当たり前なので、そこで差をつけるなんて質問は愚問です。

さらにそこに何をプラスできるか、どこまで患者さんを考えてあげられるかが重要です。

 

今は、かかりつけ薬剤師や在宅医療で患者さんとの距離が今まで以上に近くなっています。

それであれば、患者さんの生活にも近づくことがあっても良いのではないでしょうか。

資格はなんでも良いと思います。

健康関係・趣味関係・電気関係・料理関係・・・と色々あります。

『こういう資格も持っているのですよ』と話すだけで、患者さんの私たちに対するイメージが変わり、様々な相談をしてもらえるかもしれません。

 

また、その資格や能力が会社を成長させるための鍵になることもあるでしょう。

それが、サービスの提供か社内で活かすかなど幅は広いと思いますが。

もちろん、転職時にも良いアピールになるでしょう。

 

転職時にアピールできる

転職時に持っている資格があるだけで、印象は少なからず良くなるでしょう。

薬剤師の資格だけだと、視野が狭く見られがちです。

他の資格があるだけで、外の世界も見えていると思われますし、その人への興味も沸きます

あなたが、その資格と薬剤師や会社のためにつなげられる案を持っていればなおさら評価はぐんっと上がります

もしかしたらそれにより、給料などの待遇が良くなることもあるでしょう。

 

薬剤師という職業が無くなったら

まだまだ先だとは思いますが、いつか薬剤師の職業はかなり少なくなってくるでしょう。

機械化やテクノロジーの進歩で、薬剤師だけでなく、他の仕事も少なくなると思いますが。

その中で、生き残るには他の人とは違うものを持っていることは重要です。

仮に薬剤師が無くなっても、他の仕事に活かせるでしょう。

まあ、これは私が生きている間では必要のない心配でしょうが笑

 

最後に

いくつか転職サイトを記載しておきますね!

私の口コミは後ほど書いていきますが、大手転職サイトから新しい転職サイトまで幅広くみると良いですよ。

スポンサードリンク

 

まずは登録することが大事です!

登録すれば体と頭が勝手に動きます!

1つよりも複数登録して、様々な情報を手に入れましょう!

自分に合うコンサルタントを見つけるのも大事ですね!

あとできればお祝い金があると最高ですよね(^o^)

もし、直接連絡をいただけば、私が最もお勧めする、転職コンサルタントのご紹介もします。人として、とても尊敬のできるコンサルタントですよ!マル秘です!

 

私の2回の転職の経験談も掲載していますので、読んでみてください!

ひよこ薬剤師の転職物語