ひよこ薬剤師と看護師の転職お悩み相談室

転職経験のある薬剤師と看護師の情報をお届けします

転職で学生時代の奨学金を肩代わりしてくれる!

【転職コラム⑤】

奨学金を使わずに、親のすねをかじったひよこ薬剤師です。

今回は転職して、奨学金を肩代わりしてもらった友人のお話です。

 

薬学部だと年間約200万円の学費と数万円の教科書代がかかります。

薬剤師になるには最低でも6年間通わないといけないので、6年間トータルで1200万円+教科書代など100万円かかります。

そのため、奨学金を借りる学生さんも多いと思います。

 

 

奨学金は借金

奨学金は借金です。

それに気が付かないと、後々大変なことになるのです。

借りている学生時代は特に何も考えていない人も多いと思います。

奨学金は就職後に一気に降り注いできます。

毎月、給料から1万~数万円引かれていくことに絶望を感じる人も大勢います。

そこでやっと借金だと気づくことも。

利子が付かない奨学金ならまだしも、利子が付くものがほとんどだと思います。

 

社会人になり、車を買ったり、結婚したり、家を買ったりなど、ローンを組んだり、家庭を持つことも増えてきます。

その中で奨学金という借金を抱えるのは大変苦痛です。

奨学金を肩代わりしてくれる

私の友人も、奨学金を借りていました。

友人とは同じ職場(店舗は別)でしたので、LINEや飲み会などで様々なことを語り合いました。

 

やはり就職後は毎月辛そうでしたね。

私の方が先に転職をしてしまったのですが、友人も私の退職後数か月で転職しました。

もちろん友人には転職のアドバイスや退職の方法を事細かに教えました

友人にはとりあえず、まずは複数の転職サイトに登録することを勧め、友人もその通りに動きました。

 

その後、友人が転職サイトのリクルーターと話していくうちに、奨学金を全て肩代わりしてくれるという会社が現れました

しかも給料も前職より約100万円アップです!

私も、奨学金肩代わりについては驚きました笑

なんたって、友人は薬剤師2年目の時で、ほとんど奨学金を返していない状態だったのですから笑

 

もちろんその会社のことをしっかりと調べて、友人はそこに転職しました。

転職後は生活にも余裕ができて、趣味の時間も作れていてとても楽しそうです。

今でも友人はそこの会社に転職して良かったと言っています。

好条件を得るには?

転職サイトには膨大な情報があります。

数千~数万の求人を持っているところも多いです。

奨学金以外にも、皆さんにはそれぞれ悩みがあると思います。

そして、必ずその悩みを解消できる会社はあります。

 

問題はその会社を見つけられるかどうかにかかっています。

そのためには自分が動くこと、そしてあるものを最大限に利用することが大切です。

自分が動くことは転職サイトに登録すること。

利用するものは転職サイトのリクルーターと情報です。

これが一番楽で速いと思います!

この情報社会をうまく使うことができれば、転職も成功率もあがりますね。

最後に

いくつか転職サイトを記載しておきますね!

私の口コミは後ほど書いていきますが、大手転職サイトから新しい転職サイトまで幅広くみると良いですよ。

スポンサードリンク

まずは登録することが大事です!

登録すれば体と頭が勝手に動きます!

1つよりも複数登録して、様々な情報を手に入れましょう!

自分に合うコンサルタントを見つけるのも大事ですね!

あとできればお祝い金があると最高ですよね(^o^)

もし、直接連絡をいただけば、私が最もお勧めする、転職コンサルタントのご紹介もします。人として、とても尊敬のできるコンサルタントですよ!マル秘です!

 

私も転職を2度ほどしています。その時の流れや体験談も書いてますので、ぜひお読みください!

ひよこ薬剤師の転職物語